Wii DS
ガンダム
DVD-BOX
楽天ブックス


映画館で並ばずにチケットが買える!

Gyao Next

アニメミュージックを試聴&ダウンロード

超ウルトラ8兄弟

2008年09月17日

超ウルトラ8兄弟を観て来ましたが(超ネタバレあり)

9月14日、映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』を観て来た感想ですが、(コメンテイター:東の港太郎さんの要望により?)超ネタバレありです。
これから観に行く人・ネタバレが嫌な人は、『お気に入りに追加』や『ブックマークに保存』しておいて、帰ってから見てくださいね!


『大決戦!超ウルトラ8兄弟』、近隣の映画館で上映していなかったため、車で片道2時間半から3時間の所へ遠征(^^;
観客のほどんどが、我々と同じ『中年おやじ』と『小学生の息子』のパターン。
上映終了時間には、お母さんや娘たちが外で待っているのだ!

V6の長野博くんや、つるの剛士くんのファンと思える若い女性もほとんど無しorz

素直な感想としては、前作『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』ほどの感動がなかった・・・
全く無いわけではなく、例えば
・昭和41年のウルトラマン第一話の放送が、♪タケダタケダタケダ〜♪から始まるシーンが観れた!
・坂田モータースに坂田健(故、岸田森さん)の遺影(?)が飾ってあった!
・アキちゃんが生きている!
・ハヤタとアキコ、ダンとアンヌ、郷とアキ、北斗と南がそれぞれ夫婦!
などなど、盛りだくさんでした(^^

ちなみに、
フラダンスを披露した、桜井浩子さん・ひし美ゆり子さん・榊原るみさん・星光子さんの4人は、黒部進さん・森次晃嗣さん・団時朗さん・高峰圭二さんの『ダンディー4』に対して、『ビューティー4』と名づけられているようですね(^^

超ウルトラ8兄弟のパラレルワールド


昭和ウルトラシリーズと平成ウルトラシリーズとを融合させるための『パラレルワールド』という世界観は、子どもにはわかりにくかったようだ。
特に、前半部分はまともな戦いもなく、登場人物の説明風の内容が延々つづく。

パラレルワールドという設定は、予告編やULTRASEVEN-Xから何となく予想できたが、お陰で
『ハヤタとアキコ、ダンとアンヌ、郷とアキ、北斗と南がそれぞれ夫婦』
という、夢の設定が誕生したのだ!

ダイゴ、アスカ、我夢が幼馴染で、3人一緒にウルトラマンごっこをしたり、ダイゴの婚約者レナは、ハヤタとアキコの子供だったり・・・

ダイゴの世界(ウルトラマンが実在しない世界)へ来たミライが、人前で「マン兄さん」・「セブン兄さん」・「エース兄さん」と叫ぶ!
郷に対しては、『ジャック兄さん』と呼んでも反応が無いので『新マン兄さん、帰りマン兄さん』と連呼したりして笑わせてくれました(^^

エンディングでは、横浜開港150周年式典の日本丸がM78星雲に向けて旅立つとか・・・

超ウルトラ8兄弟の戦闘シーン


ミニチュアセットのビルには、常に『バンダイビジュアル』、『エモーション』の看板が登場。
また、この看板が付いているビルだけは壊されないときた!

ダンディー4の変身も、そのシーンまでにたくさん登場しているので、あまり感動的ではなかったのだ(~_~)
まして、変身シーンは『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』のまま(?)
コスト削減を提唱するTYOの影響か?

怪獣も弱く(超ウルトラ8兄弟が強いのか?)、合体した怪獣ギガキマイラも、前作のUキラーザウルスほど凶暴ではなく、お約束のカラータイマーも鳴らず・・・なんとなく戦っているうちに超ウルトラ8兄弟の合体技勝利!
それも、ウルトラセブンのアイスラッガーが決め手。
何と、アイスラッガーが超ウルトラ8兄弟のパワーを得て分裂するのだ!
それでも、観客の子供たちは、結構喜んでいた(^^;

戦闘が終わり、ダイゴがミライに『G.I.G』と言ったシーンでは、観客の子供たちの『G.I.G』の大合唱!

超ウルトラ8兄弟のエンディング


うぅ〜ん・・・
まぁ、お祭りだからいいか? って感じですwww

M78星雲に向かう宇宙船『日本丸』の両脇を固める、
ハヤタとアキコが搭乗するジェットビートル、
ダンとアンヌが搭乗するウルトラホーク1号、
郷とアキが搭乗するマットアロー1号、
北斗と南が搭乗するタックスペース(?)
の4機が、日本丸と共にワープ!!!

感動と言えば感動だが、ジェットビートルは、宇宙仕様(ハイドロジェネレートサブロケット)ではなかった(と思える)し、コックピットの中には計器類も無かったように見えた(見間違えかもしれないが)

超ウルトラ8兄弟の総評


ウルトラマンティガ、ダイナ、ガイアのリアルタイム視聴世代が、今回の映画視聴者の世代とズレている感じ。
映画が終わった後のお父さん達の会話でも、『平成ウルトラシリーズは知らない』という声が聞こえたし、私も息子も平成版は、『ウルトラマンマックス』(←出してくれ!)と『ウルトラマンメビウス』しか知らないのですorz

しかし、お祭りです!
楽しませてくれました!
次作には、篠田三郎さんや真夏竜さんの出演を期待!

頑張れ★ウルトラマン!
頑張れ★円谷!

★あなたの応援が懐かしのヒーローの記憶を蘇えらせてくれます(^^
名作・なつかしアニメランキング
おもちゃ部門の人気ランキング!

この記事へのコメント
読んだ感想ーとしては・・・う〜ん・・色々具沢山のチョー海鮮ドンブリ!世界の山菜ぜぇ〜んぶ入れましたっカヤクご飯!・・・すなわち、いまいち味がよーわからん、まさに「相殺」状態?なんでせうか?
いやいや自分の目で確かめるまでは、ワクワクするのだっ!
第三弾も是非やってほしーなぁ。
黒部さんはもう引退するみたいなこと言ってるから、次回があったらダンがリーダーかな?東光太郎以降の人も出てほしーですね。東さん、人間で地球にいるから長官かなぁ(ゴジラで近い役だったよーな)、ゲンは海に旅立ったけど、いつの間にか光の国に行ったみたいだけど(大場版コメットさんのときかな?)防衛チームを鍛える師匠として登場だっ!矢的センセはもちろんフォーメーション・ヤマトの教官だっ!・・・・あ゛あ゛あ゛ーーなんか別な話になってる・・・
でもでもタロウぅ、レオぉぉ、エイティっ!の三人華麗な新体操バトルを映画で観てみたいっ!
とにかく他の人のプログでは二度三度は観たいともあるんで、楽しみにします。途中から変な話に、ぶっ飛んでズビバセンm(_ _)m(現実逃避かっ!?)
Posted by 東の港太郎 at 2008年09月17日 20:39
東の港太郎さん、いつもありがとう(^_^)

たぶん、映画を観ていない人には、
何が何だかわからないでしょう・・・
マックスの書き方も悪いし・・・

そういや、このブログでは『帰りマン兄さん』以降のウルトラシリーズを取り扱っていませんでした(^^;

そのうち、取り上げます・・・覚えていたら・・・
Posted by マックス at 2008年09月17日 22:46
コメントを書く
お名前(ハンドルネームでOK):

メールアドレス(任意、悪用はしませんヨ!):

ホームページ・ブログアドレス(持っている方はぜひご入力を!):

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19489252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック